活動報告

Report
2020.12.30
9月度例会 

和泉市長にコロナウイルスについて和泉市の取り組みを講義していただきました。

 

新型コロナウイルスが、日本でも大流行しその被害は、和泉市にも感染者がでるほど の猛威をふるっています。そこで懸念される問題が、第2波、第3波が来た時の為に市 民と行政の連携が不可欠だと思います。新型コロナウィルスの感染拡大に対し和泉J Cメンバーが様々な対処法を知ることにより、地域の人々に迅速に対処できると考えま す。そして新型コロナウィルスに関わらず今後新たな困難にあった時にも、この経験を 生かして、第2波が、到来した場合に、和泉市のコロナウィルス感染拡大防止策に向け た臨戦態勢を作れるように地域のリーダーとしての資質向上に繋げることを目的としま す。そこで、和泉市約人口18万人都市の行政運営の舵取りを担われており、当青年会 議所の卒業生でもあられます和泉市長辻宏康先輩を講師としてお呼びしました。「新 型コロナウイルス感染症~ウィズコロナ時代を迎えて~」を講演内容とし、感染症の歴 史、感染防止対策、国・大阪府による主な支援策を始めとする、和泉市独自の事業 所、家庭向けへの主な支援策の策定に至るまでの経緯の実体験を拝聴するとともに、 これからのウイズコロナ時代における、新しい生活様式、新たな働き方を視野に入れ た、「密」から「散」へとする、今後のテレワーク、WEB会議、教育や医療のオンライン 化、都市の在り方が、「都市部集中型」から、「地方分散型」への転換が必要など、社 会情勢が大きく変わろうとしていることを理解しました。

 

9月度例会_201230_59月度例会_201230_19月度例会_201230_4